MBAは学校や学習塾の経営・生徒集客・授業の各種コンサルティング・研修・講演活動を専門に行っています。

ホーム > MBAブログ > 個別指導塾のコース設計の考え方4@学習塾コンサルタント

事業ラインアップ

個別指導塾のコース設計の考え方4@学習塾コンサルタント(2016/1/7)





明けましておめでとうございます。


合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの
@学習塾開業ブロガーです。



読者の皆さんは、2016年はどんな抱負をお持ちですか?


自分の塾を立ち上げる期待で胸いっぱいの方、
不安に胸を締め付けられている方、

計画段階の方、
教育に人生をかけるべきか思案している方、
また、自分が本当に経営者として向いているかどうか悩んでいる方、
このブログを読まれている方であっても置かれた状況は千差万別でしょう。

学習塾開業ブロガーは、日本の教育を変えるという夢を持っていますが、
2016年は一日、一日を大切にし、結果として濃密な1年間を過ごせるよう生きていこうと思います。


さて、今回は旧年から連載している「個別指導塾のコース設計の考え方」(著者 中土井鉄信)の4回目を掲載します。





今回の記事は、大手FC個別指導塾の基本的なコース設計のどこが問題か、その理由を解き明かしていきます。
少々、長いですが、おつきあいください。




————————————————————————————————-

個別指導塾のコース設計の考え方4 著者 中土井鉄信

————————————————————————————————–



★大手フランチャイズ個別指導の真似をしてはいけない



現在、多くある個別指導塾のコース設計は、ある大手FC個別指導塾のものが、元になっていると私は感じています。

その代表的なものが「1コマ90分・月4週授業(年48週)」という枠組みです。実はこの設計、全然良くないのです。
もっと言えば、色々な弊害を生んでしまいます。


その理由を以下に挙げます。



●利便性がない①

 ~週時間を最大化できない~

前回も掲載した下の表、大手塾の平均データでは、1日の滞留時間は、小学生は約110~120分、中学生は140~150分でした。



よって、現在多くある個別指導の設計=1コマ90分授業の場合、1日に2コマを受講しようとすると授業時間が180分になり、平均的な滞留時間を大きく超えてしまうことになります。これでは、生徒が1日2コマを受講するのは難しくほぼ不可能になるのです。


実際、1コマ90分授業の個別指導塾では、1日2コマを受講している生徒は受験学年を除けば、ほとんどいないのではないでしょうか。加えて通塾日数の問題があります。小学生は平均週2日、中1・2年生は平均週2~3日です。

個別指導塾の現状を考えると、中学生は3年生でない限り、週2日の通塾が多いのが現状です。したがって、受験学年をのぞけば、おおむねどの塾生も週に最大2コマ・2教科しか受講できないことになります。これは、公立高校の入試に対応する5教科を受講できないということを意味します。





●利便性がない②

~死にコマが発生する~

小学生の授業開始時刻の平均は、おおよそ開始が16時50分前後、終了時刻が18時40分、中学生は開始が19時15分前後、終了時刻が21時40分前後でした


この時間帯は、生徒が通塾しやすいものでした。

そこで、平日の授業開始時間を16時50分としてコマ割を考えましょう。


1コマ90分、各コマの間(休憩)を10分とした場合、
「① 16時50分~18時20分」、
「② 18時半~20時」、
「③ 20時10分~21時40分」
となります。

この【ケース1の場合】小学生は、主に①の時間帯に塾に来ます。
その後の②、③の時間帯に中学生を呼びたいところですが、②のスタートの18時半という時間が、中学生の開始時間としては少し早いのです。

部活動をやっている生徒は、なかなか来られない時間帯です。
よって③の時間帯に中学生が集中し、②が「死にコマ」となる可能性があるのです。

では、①と②の間を50分とって、②の開始時間を19時10分、終了を20時40分とします。


この【ケース2の場合】なら多くの中学生の通塾が可能となります。
しかし、当然、今度は、この後の時間帯「③ 20時50分~22時20分」の設置が難しくなります。中学生には終了時刻が遅いのです。高校生でぎりぎり通塾可能な時間帯でしょう。

結局、ここが「死にコマ」となってしまいます。それに①と②の間の50分も随分と無駄です。効率が良くないことがお分かりいただけると思います。

(続く)

———————————————————————————————

2016年の最初のブログは、ここまでです。

また、次号以降で続きをお送りしますね。

どうぞ、ご期待ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
@学習塾開業ブロガー赤煉瓦ブログの一覧はコチラから
  ↓
http://www.management-brain.co.jp/c/mbablog

 【学習塾の起業・経営・研修に関するお問い合わせ先】
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
電話番号:045-651-6922
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Copyright2001-2013 (C) MBA All Rights Reserved.すべての著作権は合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツに帰属します。記事、写真の無断複写を禁じます。