MBAは学校や学習塾の経営・生徒集客・授業の各種コンサルティング・研修・講演活動を専門に行っています。

ホーム > MBAブログ > 個別指導塾のコース設計の考え方6@学習塾コンサルタント

事業ラインアップ

個別指導塾のコース設計の考え方6@学習塾コンサルタント(2016/2/25)

こんにちは!

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの
@学習塾開業ブロガーです。

今回は、前回から少々期間が空いてしまいましたが、引き続き連載している「個別指導塾のコース設計の考え方」(著者 中土井鉄信)の6回目を掲載します。



前回までに、大手FC個別指導塾のコース設計にありがちな問題点--死にコマができる、季節講習の日程がとなれい--を指摘してきました。



今回のブログは、これらの問題点をクリアできるコース設計として、私どもが開発した「MBA流コース設計」の概要を説明していきます。







————————————————————————————————-

個別指導塾のコース設計の考え方6 著者 中土井鉄信

————————————————————————————————–



MBA流コース設計①



  前回、前々回の文章で指摘した従来の個別指導塾のコース設計にありがちな問題点 を解決する新しいコンセプト(設計)が、MBA流のコース設計です。



大枠としては、

「通常授業月3・5週(年42週)、

1コマの通常授業時間50分(60分)/講習75分型(90分)

という設計です。



この設計の利点をこれから説明していきます。





受講コマ数・指導分数の増加が可能

  ~1コマ50分/60分の利点~





下記のサンプルのように、1コマ50分か60分とすることで、1日2コマ受講が可能になります(50分であれば、3コマ受講可能になります)。2コマ受講しても滞留時間は100分か120分ですね。


以前の文章で説明していた平均滞留時間である小学生は約110~120分、中学生は140分~150分のうちに収めることができます。

コマ50分か60分なら週2日の通塾で最大4コマ(200分か240分)、可能性としては4教科の指導が可能となります。180分から200分か240分に指導時間が増えますので、成績アップの期待がより高まります。



9jukukeiei(P7)1

●効率の良いコマ組みが可能

   ~1コマ50分/60分の利点~



 ここでは、便宜上1コマ60分で話を進めます。下の表は、1コマ60分の時間割例です。




10jukukeiei(P8)2






 平日の通常授業時間帯は、

「① 1645分~1745分」、
「② 1750分~1850分」、
「③ 1910分~2010分」、
「④ 2015分~2115分」、
「⑤ 2120分~2220分」となります。

この時間割なら、「死にコマ」がなくなるのがお分かりいただけると思います。





(続く)

———————————————————————————————





まだまだ連載は続きます。



どうぞ、次回以降もご期待ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
@学習塾開業ブロガー赤煉瓦ブログの一覧はコチラから
  ↓
http://www.management-brain.co.jp/c/mbablog

 【学習塾の起業・経営・研修に関するお問い合わせ先】
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
電話番号:045-651-6922
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



Copyright2001-2013 (C) MBA All Rights Reserved.すべての著作権は合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツに帰属します。記事、写真の無断複写を禁じます。